Skip to main content
Menu Search Languages
//

‹ Zytronic社のニュース

Zytronic社のタッチセンサー技術を導入した全天候型セルフサービスシステム が自転車利用者に恩恵をもたらす

06 7月 2018

高耐久性の投影型タッチセンサーを日本のセルフ型レンタサイクルシステムに導入

Zytronic社独自の投影型技術(PCT™)は、非監視型タッチスクリーン導入において最高レベルの耐
久性を供給する技術の代名詞となっています。同社は日本販売代理店であるミナトエレクトロニク
ス株式会社を通じ、屋外・公共用の革新的で信頼のおける新型インタラクティブ技術を発表しまし
た。バイクシェアリングシステムのパイオニアである株式会社ペダルは、PCTタッチセンサーを環
境に配慮した同社のレンタサイクルシステムに統合することで、利用者が素早く簡単に自転車を選
び、レンタルできるシステムを可能にしています。
レンタサイクルシステムはすでに、東京近郊の川越市での導入が始まっています。Zytronic社によ
る高耐久・高性能タッチ機能のおかげで、同システムのユーザーインターフェースは屋外において
通年にわたる信頼性を維持するとともに、正確で素早いタッチレスポンスを実現させています。各
レンタサイクルシステムは、カスタマイズされた12インチZYBRID touch sensorを備えており、信
号対ノイズ性能を改善させる最新型ASIC(特定用途向け集積回路)を用いてZytronic社製ZXY100タ
ッチコントローラーに接続されています。この非常に評価が高く広範に利用されているZytronic社
製品が、最も厳しい環境において高レベルの信頼性を維持できるという理由から、他に代わるタッ
チスクリーン技術として選択されました。
82インチ以上のサイズに適応可能なPCTセンサーは、ラミネート基板に埋め込まれた極細(直径
10μm)銅キャパシタのXYマトリクス部品で構成されています。その結果、過酷な気象条件下でも
機能するだけでなく、非監視型セルフサービス端末に付き物の偶然・故意によるダメージの影響を
ほとんど受けません。それとは対照的に、前面マウントや表面ベースでの検出方法に依存したタッ
チスクリーン技術では、それらの用途において相当の欠点がみられます。例えば、抵抗膜方式や表
面型のタッチセンサーは擦り傷や通常の損耗による影響を受けやすく、また光学・赤外線技術で
は、送受信タッチ検出装置を囲うむき出しの(そのため無防備な)前面マウントのベゼルが必要と
なります。
「交通手段としての自転車利用増加には明確な利点があります。都市部における渋滞解消やCO2削
減だけでなく、人々がより定期的に運動するよう奨励することで健全な社会構築に寄与できるので
す。弊社のレンタサイクルシステムは、旅行者及び通勤者の両方に必要な資源へのより容易なアク
セス手段を提供し、これらの利点を実現可能なものとします。」と、株式会社ペダルの代表取締役
社長である平尾博氏は語ります。「システム端末は日々の過酷な使用に耐えうるとともに、見栄え
のよい魅力的な外観であることが必要となります。弊社はZytronic社と協働することにより、これ
らの主要な設計目標を達成できることが分かりました。」
「Zytronic社のタッチセンサーは、英国ロンドン、カナダ・モントリオール、オーストラリア・メ
ルボルンやその他の都市に設置されたレンタサイクルシステムへの導入に成功しました。このリス
トに日本が追加されたことは、弊社独自の投影型タッチ技術に対する大きな支持がまた一つ得られ
たことを示しています。株式会社ペダルのシステムは非監視型の屋外設置であるため、それらは常
に自然に晒されるだけでなく、頻繁利用や潜在的損傷といった困難に直面するでしょう。」と、
Zytronic社の営業部長であるイアン・クロスビー氏は述べます。「PCTを選択することにより、24時
間年中無休で季節を問わずシステムを稼働させることが可能なため、運用者にとってコストのかか
る厄介なダウンタイム期間を避けることができるのです。」

 

Back to top